09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
* Category : スポンサー広告
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2011-03-11 (Fri)
駐車場に出ると、周りの人たちは茫然とした様子です。恐怖で泣いている方も何人かいらっしゃいました。
外に出ても何回も余震が続きます。
その度に「きゃ~」という声が聞こえてきます。
駐車場手口付近はすでに渋滞。
さて、どうしよう。
パイパスに出るまでも渋滞で時間が掛かりそうだし。
どのルートで帰宅するかをしばし考える。
ちょっとだけ遠回りになるけど東部高速道路と並行して走る道に出た方が車の流れがスムーズかな?
と、考えが過る。
でも、確か以前何かの番組で震災等に会った時は大きな幹線道路を走った方が安全と聞いた記憶が・・・
と言う事で、大渋滞覚悟でパイパスを通って帰宅する事に決定!
そんなこんな悩みながらもメールや電話をしていたけど、案の定繋がりません(>_<)
車のエンジンを掛けてラジオで情報を聞こうとしたのですが
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?聞こえない
あちこち周波数を合わせても・・・・・・・・・・・・・聞こえない~~!!
\(゜ロ\)(/ロ゜)/
普段聞かないNHKに周波数を合わせると、聞こえた~~~~~!
さすがNHK!これほどありがたかった事はありません。

道路はすべて信号が消えていて、大渋滞でした。
特に交差点ではお互い顔を見ながら譲り合って走行していました。
でも岩沼警察署近くの信号だけは普通に着いていたのでそこだけ電源が違うのかな?

ちょうどその頃ラジオから衝撃的な内容が流れてきます。
「仙台空港に津波が押し寄せてきています」
一瞬、自分の耳を疑いました。
仙台港の間違いでは?
でも、同じ内容を繰り返し放送しています。
思わず東の方向を見てしまいました。
ほんの数キロ先に津波が来ているって・・・・・
じゃあ、もし帰宅する道をあっちにしていたら
巻き込まれていたって事・・・・・・・・・・・

次にラジオから流れてきた内容が
「仙台の荒浜近辺には200~300の遺体が・・・・・」
え?うそでしょ!
祖母の家(祖母は数年前亡くなり今は叔父の家)は浜から数百メートルの所です。
色んな事が頭の中をグルグルしてきます。

走行中も何度も大きな余震がくるし。
ボロイ我が家だから崩れているんじゃないかと心配だし。
そんな中、娘から時間差のメールが届きました。
家も本人も無事との事で、ちょっと安心。
停車中に電話、メールしてもやっぱりだめ・・・・

そんなこんなで自宅近くに近づくとさらなる渋滞が待っていました。
ここまで来たらちょっと裏通りに入っても大丈夫かな~と
細い道に入って行きました。
が、あちこちヒビ割れや陥没が・・・
古い家が半壊、ガラスやらブロックが道に落ちていたりと
ちょっと失敗したかなと反省。
それでもなんとか無事帰宅する事が出来ました。

息子も友人宅から帰って来ていて、何故かその友人も一緒に部屋の片づけをしていました。
友人宅で被災した息子はまずその部屋の片づけを手伝ってから帰宅したらしいです。
その友人からコンビニは開いていると言う情報を聞き、二人で買い出しに行ってもらう事にしました。
それにしても、しっかりした友達です。

1階は殆ど片づけが終わっていました。

私の部屋のある2階は・・・・
ドアが開きません~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/
ドアの隙間から棒を使って、ゴソゴソとつっかえている物を避け
なんとか開ける事に成功!
部屋の中は、まあ、散らかし放題ッて感じで(*≧m≦*)ププッ
でも、不思議なのが
あれだけの揺れにも関わらず
壁に掛けて飾っていたのは落ちていなかったんです。
トールの作品も数点飾っていたので、落ちなくて良かった。



さて、電気も水も出ない生活が始まります。
この時点で空腹のピークがやってくる。
唯一の救いが、ここは田舎なのでプロパンガス!
コンロが使えます~~!
水はペットボトルで十数本のストックがあったし。

書くの疲れてきたんでづづきはまた。
* Category : 未分類
Comment : (-) * Trackback : (-) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。